お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

ToF(Time of Flight)とは ― ToFの原理の説明

ファクトリーオートメーション、ロボット工学、物流などの用途では、2Dデータだけでは不十分な情報を効果的に補うために、3D画像のデータがよく利用されていいます。2Dデータだけでなく、必要となる奥行きのデータも提供するTime-of-Flight(ToF)カメラ。当社のVision Campusビデオでは、専門スタッフのThies MoellerがToFカメラの仕組みについて詳しく解説しているほかToFカメラの原理、ToFカメラ特有のメリットついてもご紹介しています。

本ビデオではToF(time of flight)の基本的な原理をご紹介いたします。

ToFとは測域センサの一種で光の飛行時間を測ることで三次元的な情報を計測できることを指します。ToFは素早くインストールでき、費用対効果の高い手法です。

またコンパクトな構成からなり、使い勝手がよく、1cm単位での精確性、高いフレームレートといった特徴を有しています。

ToFカメラが物体をどのように観察しているかはもちろん、他の3D測定技術と比較した際の利点も併せてご紹介いたします。またToFカメラの効果を下げてしまう可能性のある要因についても説明しております。

00:07 イントロダクション
01:15 飛行時間型カメラの主要部品
01:58 飛行時間型カメラの利点
02:11 動作原理
02:21 パルス光源の原理に基づくToFカメラ
02:43 連続波を用いたToFカメラ
03:23 ToF画像はどのようなものですか?
03:46 さまざまな3D測定技術の長所と短所
04:01 制限:散乱光、周囲光、多重反射、複数カメラ
04:58 作業範囲、深さ精度
05:19 アプリケーション(物流、ロボット工学、医療、自律走行車)
05:55 まとめ

このビデオは英語版のみになります。

関連記事

カメラ選びにおける不要な選択肢を排除するイメージ

カメラ選びにおける不要な選択肢を排除

画像処理システムに適したカメラを見つけるのは、時として困難です。当社のガイドでは、この作業を簡単にするポイントをご紹介しています。

カメラ選択の詳細
画質とは?

画質とは?

画質の本当の意味とは何でしょうか?当社のビデオでは、画質に影響する要素や異なるカメラの画質を評価する方法について解説しています。

今すぐ見る!

ToFに関するお問い合わせ

ToFに関してご不明点がある場合は、当社までお気軽にお問い合わせください。
豊富な知識を持った担当者がご対応いたします。