お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

ニューラルネットワークを利用した機械学習の仕組みと人工知能の開発

ニューラルネットワークを利用することにより、機械も基本的に人間と同様に経験を積み重ねながら学習を行います。人間の脳の中では、数十億もの神経細胞からなる神経回路が情報を認識し、種類に応じて分類した後、それぞれの情報の断片を整理し、記憶します。Vision Campusのビデオでは、この法則にしたがって機械をトレーニングし、人工知能として日々の生活に活用する方法についてご紹介しています。

このビデオは英語版にてご覧いただけます。

関連記事

エンベデッドビジョンシステムとは?

エンベデッドビジョンシステムとは?

当社のビデオでは、エンベデッドビジョンシステムの本当の意味とその構造、メリットについてご紹介しています。

今すぐ見る!
インダストリー4.0

インダストリー4.0

インダストリー4.0における画像処理は、撮影データを活用することにより、自動化生産をサポートするツールとして抜群の威力を発揮します。

インダストリー4.0における画像処理の詳細

ニューラルネットワークやディープラーニングの詳細

当社のホワイトペーパー「ニューラルネットワークはマシンビジョンの未来を切り拓く技術となるのか?」では、機械学習の世界のさまざまなトピックについて解説しています。ご不明点がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。豊富な知識を持った担当者がご対応いたします。