お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

CMOSイメージセンサーとは — センサーの原理や利点の説明

画像処理の世界においてすでに広く普及しており、今後も拡大が期待されているCMOSセンサー。高いフレームレートや高解像度などの優れた技術や、低消費電力、低ノイズ性能などの特徴も兼ね備えています。当社のビデオでは、専門家のThies Moellerより、工業、交通、医療など、さまざまな分野におけるCMOSセンサーのメリットや原理についてご紹介しています。

CMOSセンサーの技術的な利点により、最近CMOSセンサーを活用するケースが増加しています。

例えば交通カメラにおいて、CMOSセンサーのメリットである広いダイナミックレンジのおかげで、車のナンバープレートとドライバーの顔を認識することが可能です。一方、CCDセンサーではブルーミングやスミアが発生するのでどちらも認識することは難しくなってきます。

本ビデオでは上記の例のほか、医療現場や工場の品質検査においてCMOSセンサーの特徴が様々なシーンで活躍する例をご紹介いたします。

00:08イントロダクション
00:24 CCDとCMOSセンサーの説明
00:50 CMOSセンサーの利点・特徴
01:10 ダイナミックレンジの広さの説明
01:53 速度違反の取り締まり時におけるCMOSセンサーの技術的利点
02:17 CMOSセンサーの医療現場での活用事例
03:10 CMOSセンサーの工場での活用事例

関連記事

未来を担うCMOSのイメージ

未来を担うCMOSの利点

CMOSセンサーは、CCDセンサーに代わる存在として徐々に台頭してきています。この記事では、一般的なセンサーの役割とCMOSセンサーの利点に焦点をあてます。

CMOSセンサーの詳細
デジタルカメラを持つ男性のイメージ

デジタルカメラの仕組み

世界初のカメラから最先端の産業カメラまで、その発展、歴史的背景、機能などを、Vision Campusの動画講座でご紹介します。

今すぐ見る