お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報 | バーチャルイベント | ウェビナー

画像処理とは — 画像処理システムや仕組みの説明

誰もが「画像処理」や「前処理」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その本当の意味はどのようなものでしょうか?この新しいビデオでは、専門家のThies Moellerが画像処理の実際の意味やその仕組みについて解説しています。工場の品質検査や車のナンバープレート識別など、画像処理が実際にどのように活用されているのか豊富な実例を元にご紹介いたします。本ビデオでは画像処理システムとその仕組みを支える各技術についての詳細な説明をいたします。

画像処理とは物体の検出や、位置確認、測定を行うことを指します。画像処理は車のナンバープレート識別など様々なシーンで活用されています。

これらの技術を支えるものとして、ノイズ低減や明るさ及びコントラストの向上により画像の質を上げる前処理、またレンズの歪みを補正する幾何学的キャリブレーション、正確な色再現を実現するカラーキャリブレーションなどの技術の説明をいたします。

00:08 イントロダクション
00:28前処理についての説明
00:55キャリブレーション
01:41マッチングについて
02:06クッキー検査
02:30エッジ検出
03:05ボトル検査
03:26ナンバープレート自動認識(ANPR)

※再生ボタンをクリック後、動画上の字幕設定にて「日本語」を選択すると字幕入りにてご覧いただけます。

関連記事

画像処理システム — 基礎知識とその仕組みのイメージ

画像処理システム — 基礎知識とその仕組み

画像処理システムはどのように構築されているのか、産業用製品に求められるシステム要件とは何か。これらの疑問を解き明かします。

記事を読む
デジタルカメラの仕組み

デジタルカメラの仕組み

世界初のカメラから最先端の産業カメラまで、その発展、歴史的背景、機能などを、Vision Campusの動画講座でご紹介します。

ビデオを見る