お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

デジタルカメラの仕組み — デジカメの開発の歴史や用途

Vision Campusのビデオでは、産業用デジタルカメラが一体いつ、どのように開発され、どのような仕組みで動いているのか、またどのような用途に使用されているのかについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

本ビデオではカメラ開発の歴史から、デジタルカメラの誕生、また産業用デジタルカメラがどのようなシーンで活躍しているかを説明いたします。

アナログフィルムの開発からデジタルカメラの誕生まで、カメラの歴史を追いながら産業用カメラにおけるインターフェイスの特徴までを理解することができます。

00:07 イントロダクション
00:40 カメラ開発の歴史
01:13 アナログフィルム発明
01:50 デジタルカメラ開発
02:16 構成機器の変化
02:34 イメージセンサーの説明
02:53 産業用カメラにおけるインターフェイス
03:38 ピクセルのカラー値
04:55 光学部品を使用してカラー画像を作る方法
05:50 まとめ

関連記事

画像処理システム — 基礎知識とその仕組みのイメージ

画像処理システム — 基礎知識とその仕組み

画像処理システムはどのように構築されているのか、産業用製品に求められるシステム要件とは何か。これらの疑問を解き明かします。

画像処理システムの詳細
産業用画像処理におけるカメラ

産業用画像処理におけるカメラ

産業用画像処理はマシンビジョンとしても知られ、生産工程を最適化するために使用されます。ここでは個々のコンポーネントを丁寧に紹介します。

マシンビジョンの詳細

デジタルカメラに関するお問い合わせ

デジタルカメラやマシンビジョン技術に関してご不明点がある場合は、当社までお気軽にお問い合わせください。
豊富な知識を持った担当者がご対応いたします。