お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

CMOSグローバルシャッターカメラ

グローバルシャッターは動いている物の撮影に最適です。最新のCMOSセンサーでは、グローバルシャッターも利用できるようになっています。こちらでは、CMOSグローバルシャッターセンサーの特長やBaslerのCMOSグローバルシャッター搭載カメラについてご紹介します。

動いている物や連続した素早い動きを撮影する必要がある場合は、センサーのシャッター方式が画質を左右する重要な要素となります。グローバルシャッター対応のCMOSセンサーが登場したことにより、今では個別の用途に合ったセンサーを柔軟に選べるようになりました。

グローバルシャッターセンサーの仕組み

撮影時に同時一括で露光を行い、動いている物を「静止状態」で捉えるグローバルシャッターは、画像に歪みが生じないため、交通監視におけるナンバープレートの自動認識など、動いている物や連続した素早い動きを撮影する用途に理想的です。

グローバルシャッターの詳細については、Baslerのホワイトペーパー「2種類の露出方法の機能および特徴(シャッタータイプ)でご覧いただけます

最新のCMOSグローバルシャッターセンサーの特長:

グローバルシャッターセンサーの世界では、旧世代のCCDセンサーからCMOSセンサーへの移行が進んでいます。このトレンドにより、将来的にCMOSセンサーが成長すると判断したBaslerでは、CMOSセンサーが登場して間もない時期からCMOS技術に取り組んだ結果、今では幅広いCMOS製品を取り揃えるまでになりました。

BaslerのCMOSグローバルシャッター搭載カメラ:

Baslerの以下のエリアスキャンカメラシリーズには、CMOSグローバルシャッターが搭載されています。

Basler ace
Basler beat
Basler dart
Basler pilot
Basler pulse
Basler scout

Baslerの以下のラインスキャンカメラシリーズには、CMOSグローバルシャッターが搭載されています。

Basler racer
Basler runner
Basler sprint
Basler L300

BaslerのIP固定ボックスカメラIP固定ドームカメラの一部モデルにも、CMOSグローバルシャッターセンサーが搭載されています。

カメラ検索

製品を検索