お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

画像検査を同時に行うBaslerのGigE対応カメラscoutを利用した超音波レール探傷車

線路の定期的な点検は、鉄道輸送の安全を確保するうえで非常に重要です。現代の鉄道企業が採用している検査方法には様々なものがありますが、その中でも超音波検査は非破壊式でコストが低く、開発や自動化も容易であるため、特に優れていると言えます。自動システムとデジタルカメラを利用した画像検査を組み合わせることができれば、大きなメリットが生まれます。

高性能なレール探傷車を開発するには、困難な技術的課題を乗り越えなければなりません。例えば、車両が大きく揺れるため、エリアスキャンカメラの使用が必須となるほか、直線運動によるブレを低減するために露光時間も最小限に抑える必要があります。このような中で、超音波レール探傷車はあらゆる天候に対応でき、春の始めから秋の終わりにかけて、照りつける太陽の中や夜間であっても走行できます。

Ultramet社、Cilantro社、Avicon社の3つのポーランド企業は、ポーランドの鉄道保守センターと協力して上記の技術的課題を克服し、超音波レール探傷車を導入することに成功しました。この用途では、BaslerのGigE対応カメラscoutが最適であることが証明されています。これらの結果、求められていた検査要件を満たすだけでなく、ポーランドの鉄道を利用する乗客の安全の確保にも貢献しました。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。