お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

Basler IPカメラを利用した遠隔操作システム

ビデオシステムを専門に取り扱っているフィンランド企業OptoFidelity社は、遠隔操作機器の様子をリアルタイムな3D映像で撮影する技術について、大きな突破口を開こうとしています。業界団体であるFIMA(インテリジェントマシンフォーラム)との提携の下、同社は3Dカメラを使用して遠隔操作システムに映像を映し出す方法を模索していました。このプロジェクトでは、画像内の物体の3D解析と解析結果の利用に焦点が置かれました。

OptoFidelity社のシステムでは、作業エリアを監視するためにBasler IPカメラ(BIP2-1600-25c-dn)が2台並べて配置されています。「Basler IPカメラは非常にコンパクトであるため、2台のカメラの間隔をわずか6cmに抑えることができます。これは、1~3mの短い距離で立体画像を撮影するために最適な距離です」と同社のソフトウェア開発者であるPetteri Aimonen氏は話します。「これが他のカメラだと、カメラ間の距離が広くなりすぎるため、撮影した立体画像を人間の目でうまく認識できないのです」

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。