お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

自動車両下部検査システム(AUVIS)に使用されているBaslerのGigE対応カメラscout

物理的なセキュリティを重視する動きが加速し、求められるニーズもますます厳しくなっている現在、人間による作業や作業量自体を最小限に抑えた効果的、効率的かつ迅速な車両検査が求められています。車両が進入する施設では、車両やドライバー、通行人、貨物に対して厳重な識別、調査、認証を行うために、監視システムの設置が求められることが多くあります。

アメリカを拠点としている警備会社のGatekeeper社は、車両やドライバー、通行人、そして中にある貨物に対して識別、調査、認証を行うセキュリティ製品の製造・開発を行っています。同社の自動車両下部検査システム(AUVIS)は、高解像度撮影とデジタル画像処理を利用して車両の「指紋」を作成します。そして、このシステムのカメラとして採用されたのがBaslerのGigE対応カメラscoutでした。AUVISは、車両を自動的にスキャンして指紋画像を作成した後、データベース内にある安全と認めた車両と照合し、自動異物検出アルゴリズムを使用して車両を「調査」します。さらに、内蔵されている自動ナンバープレートリーダーでナンバープレートの番号を「読み取り」、「信頼できる」従業員や来訪者の車両から盗まれたナンバープレートが不正に使用されることを防ぎます。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。