お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

ビスケットの形状を均一化 - Basler GigE対応カメラによるビスケット生産の最適化

ビスケットメーカーにとっての主な目標は、製造コストの削減です。メーカーが製造工程の障害に対して迅速かつ正確に対応したいと考えている一方、消費者は袋入りビスケットの大きさや重さ、品質が一定であることを求めます。そして、これらの要件を満たすことができるのがカメラを利用した検査システムです。

製造を行う環境では、優れた画質と信頼性を兼ね備え、45°Cを超える厳しい環境でも動作可能なカメラが必要となります。今回の検査システムに使用されているBaslerのGigE対応カメラscoutは、これらの要件をすべて満たしており、ビスケットを上から撮影した画像を使用してビスケットの長さと幅を測定しているほか、高さを測定するために別のカメラでビスケットのレーザーラインプロファイルを撮影します。この方法により、このシステムでは1分間に合計3,600枚のビスケットを検査しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。