お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

BaslerのGigE対応カメラpilotを利用した軽量ファイバー複合材料のインライン品質保証

多くの業界において、軽量化によるエネルギー消費の削減が注目を集めています。その方法の一つに構造の軽量化があり、従来の金属材料と比べて軽量な構造を持つファイバー複合材料で作られた生地により、新たな省エネの可能性が広がっています。

現在のところ、このような高機能材料の品質保証は主に人間によって行われており、市場の要求が厳しくなる中で、信頼性や価格の面で課題が発生しています。FRPの製造工程における品質保証では、全工程をシームレスにつなぐことが重要で、そのためには自動検査と制御工程を追加する必要があります。そこで、アーヘン工科大学の工作機械研究所(WZL)は、FRPの製造工程における半成品生地の生産不良をロボットによるセンサーで検出、特定するファイバー測定システム(FMS)を開発しました。

同研究所は、能動的・受動的光学測定で得たセンサーのデータを組み合わせる方法を編み出しており、3D形状(マクロ形式)の記録に特殊なレーザー測定法を採用する一方、FRPに含まれるファイバーの向き(マイクロ形式)の検出にはBaslerのエリアスキャンカメラpilot(piA2400-17gm)を使用しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。