お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

製造工程の改善に貢献する表面スキャンシステムとBaslerのGigE対応カメラace

方向性電磁鋼板は、ほとんど目にする機会がないものの、実は私達の日々の生活に欠かせない物として、変圧器や電気モーターなどの重要で便利な機器に使用されています。方向性電磁鋼板を製造する際には、磁束の大きさや均一性を含め、電気機器に合った磁気特性を持たせるために特殊な工程を行わなければならず、求められる結果を得るためには、精密な製造技術と厳しい品質管理が必要になります。

マシンビジョンを取り扱っているチェコ企業のArgutec社は、このような要件に対応するため、製造品質のリアルタイムな監視と評価データの分析、アーカイブ化を目的として、非接触監視を通じて方向性電磁鋼帯の欠陥を評価する表面スキャンシステムを開発しました。

このシステムでは、表面の欠陥を評価する中心機器として、4台のBasler aceエリアスキャンカメラとカスタムメイドのArgutec社製照明システムが搭載されており、そのうちの1台のカメラは、レーザーで平坦度を測定するシステムに使用されています。このような検査作業では、平坦度を正確に測定するための高い解像度とリアルタイムな測定を実現する高速性を兼ね備えていることが求められます。

詳細については、当社の成功事例をご覧ください。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。