お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

アプリケーションノート

pylonのARMアプリケーションを作成する方法

このアプリケーションノートでは、既存のLinuxディストリビューションでpylonのアプリケーションを作成し、ARMプロセッサー搭載機器で使用する方法についてご紹介しています。

手順の説明では、構成機器として以下のハードウェア、ソフトウェアを使用していると仮定しています。

Mirabox開発キット(ARM搭載機器)

  • オラクル社製VM VirtualBox
  • Windows 7(32ビット・64ビット)搭載コンピューター
  • Ubuntu(バージョン12以上)、Fedora(バージョン12以上)などの既存のLinuxディストリビューション
  • BaslerのGigE Vision対応カメラ

アプリケーションノートの中では、以下の内容について段階別にご説明しています。

  • MiraBoxとの接続方法
  • pylonのLinux ARM用パッケージのインストール方法
  • ARM Cross Toolchainコンパイラーを使用してARM搭載機器で使用可能なアプリケーションを作成する方法
  • 作成したアプリケーションをSSHを通じてMiraBoxにコピーする方法
  • MiraBoxに接続したBaslerのGigE Vision対応カメラを使用して撮影をする方法

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、以下のリンクをクリックしてください。