お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

Basler ace GigEカメラによる太陽画像の高速処理を実現

ヨーロッパトップクラスの太陽撮影カメラマンジャン・ピエール・ブラヒック氏は、水素Hα帯域と呼ばれる太陽光の特殊なスペクトル領域を研究しています。この領域は、656.3nmのスペクトルの赤色部における太陽彩層放射の非常に狭い部分(<0.7オングストローム)にあります。彩層とは、羊斑という明るい領域とフィラメントという暗い領域を示したものです。

噴出したプラズマであるフィラメントは太陽プロミネンスと同じものですが、太陽面自体の上にあります。これらは形状がすばやく変わるという特徴があり、プロミネンスが数分で急激に発達することもあります。プロミネンスは、太陽フレアと呼ばれる突発的現象によって生まれます。ジャン・ピエール氏は、20分間にわたって続いた太陽フレアを捉えた非常に美しい映像を撮影しましたが、これを実現したのが彼の使用したBasler ace GigEカメラ(acA1300-30gm)です。

詳細については、当社の成功事例をご覧ください。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。