お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

BaslerのGigE対応カメラracer を利用した粒度分析

ラッカーや塗料など、多くのコーティング剤の重要成分として使用されている粉末は、製粉を通じて作られます。コーティングをする場合は、コーティング後の表面にコーディング成分が均一に分散し、キズなどの欠陥がないことが求められますが、その際にはコーティング剤の品質が最も重要になります。粉末の粒度が粗すぎたり、細かすぎたりすると、歩留まりが低くなり、コストとやり直しのための労力がかかるため、塗料、コーティング剤、化学薬品を製造するメーカーにとって、正確で再現性が高く、いつでも確認可能な粒度分析が必要不可欠となります。

分散している粒子の細かさは、粒度計によって管理され、粒子の大きさや分散の度合いによって結果として現れる分散の特性が異なります。これまでの人間が行う粒子分析では、その人の主観が結果に大きく影響していました。そこで、Boulder Imaging社は、これに代わる方法として、自動的かつ高い均一性で顔料を拡散する全自動の粒子計検査システムSCGシリーズを開発しました。SCGには、イメージング用にBaslerのラインスキャンカメラracerが搭載されています。

詳細については、当社の成功事例をご覧ください。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。