お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

100%の製品品質を目指して:BaslerのGigE対応カメラaceを利用した寸法と楕円率の連続管理

正確に製造された管の断面は円形をしているようと思われがちですが、実際は異なります。このような管は、技術的に言うと円筒柱構造をしており、連続した流れ作業で生産されるのが一般的です。いずれの部分もできるだけ均一なるようにするためには、断面の形を常に監視しなければなりません。

しかし、現実的には完璧な円柱形ではなく、多少の歪みが発生することがあります。この歪みのことを「楕円率」と呼んでいます。生産設備が老朽化するとこの楕円率が高くなり、管の断面が円柱形ではなく楕円形に近づいていきます。

産業用オートメーション向けのマシンビジョンシステムと構成機器を供給しているチェコ企業のFCC PS社は、空洞のあるスチール管など、円柱形をした製品の寸法と楕円率を連続的に管理するソリューションを提供しています。

検査ソリューションやその中におけるBasler GigE対応カメラaceの役割の詳細については、当社の成功事例をご覧ください。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。