お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

アナログからデジタルへ:血液分画検査に利用されているBaslerのGigE対応カメラace

全血の分離は時間がかかり、人間が行った場合は危険が伴います。しかし、血液サンプルには大きなばらつきがあるため、自動化が非常に困難です。Baslerの顧客で工業・科学用途の自動システムを提供しているイギリス企業のRTS社は、UK Biobankのプロジェクトの一環として、高い処理効率を誇る自動血液分画システムを開発しました。

このRTS社のソリューションで重要な役割を担っているのが、各血液サンプルの評価やそれぞれの分画状態を測定できるビジョンシステムです。RTS社では、最新の技術に移行した際に、旧式のアナログカメラをBasler aceのGigE対応モデルに変更し、その結果、以下のようなメリットが得られました。

  • カメラと周辺機器のコストを大幅に削減
  • カメラの解像度と精度が向上
  • 従来と同じセンサーサイズと視野角を維持
  • コストがかかるデザインとソフトウェアの変更が不要

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。