お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

生き物をヒントに開発:BaslerのUSB 3.0対応カメラaceを搭載した遠距離交通監視システム

産業革命や輸送技術の発達により、過去数十年の間に世界の自動車の数は急激に増加しました。その結果、交通管制を効果的に行うために信頼性の高い交通監視システムに対するニーズが高まっています。 シンガポールでは現在LIDAR/RADARシステムが使用されていますが、このシステムにはいつくかの欠点が存在しています。その一つとして、速度計からのトリガーによってカメラで撮影された画像に同時に複数台の車両が映っている場合があり、どの車両が速度超過をしているかを正確に特定する方法がないため、スピード違反切符が誤って切られることもあります。

交通監視体制刷新への取組みとして、コンピュータービジョンシステムが導入されているものの、カメラの撮影範囲が狭く、被写界深度も固定されているため、大きな改善にはつながっていません。このようなシステムは、設置場所の近くの車両を追跡するため、限られた範囲内にいる車両の速度の追跡、測定しかできないのです。以上のことから、遠距離からの映像撮影が可能な信頼性の高い交通監視システムの導入が現在喫緊の課題となっています。

現在の交通監視システムにおける課題を克服するため、シンガポール国立大学のコントロール・シュミレーション研究グループは、低価格でかつ信頼性の高い新型の交通映像監視システム「Raptor Vision」を開発しました。このシステムは、遠い場所と近い場所を同時に見ることができる猛禽類の視覚構造をヒントに開発されたもので、 Baslerカメラを活用することにより、追跡範囲が1kmまで拡大しました。既存のシステムと比較すると、これは飛躍的な進歩であるといえます。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。