お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

貨物列車故障検出システムに利用されているBaslerのGigE対応カメラscout

鉄道輸送の信頼性と安全を確保するには、列車や線路の定期的な点検が必要不可欠です。鉄道事故が発生すれば、莫大な損害だけでなく、多くの人命にもかかわります。長年の間、列車の厳密な検査は、作業所の技術保守スタッフしか行うことができませんでした。しかし、広大な鉄道網を有する国土の大きい国々では、列車を作業所まで運ぶと運行スケジュールに大きな影響を与えることになるため、現実的な方法とは言えません。

今回の検査システムは、動いている列車の台車と車輪の不具合を検出することを主な目的としており、列車を完全停止することなく部品の検査を行うことで、時間を大きく節約することに成功しました。この用途では、貨物列車が時速50~60kmで走行します。線路の道床部分と線路脇には、台車と車輪の画像を撮影するためにBaslerのGigE対応カメラscoutが取り付けられており、その高いフレームレートと感度により、通過する列車の「一瞬の動き」を捉えた画像を連続して撮影できるようになっています。このほか、長いケーブルにも対応可能なGigEインターフェースも、検査システムとコントロールルームを接続するのに役立っています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。