お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

天体の高解像度撮影に使用されているBasler scout

惑星や月の画像を撮影する天体撮影では、「ラッキーイメージング」(http://en.wikipedia.org/wiki/Lucky_imagingを参照)と呼ばれる手法がよく用いられています。

ラッキーイメージングとは、大気の揺らぎによるブレを低減するために1秒未満の速さで撮影を行う天体撮影方法のことで、短時間露光で撮影した複数枚の画像を1枚に組み合わせることにより、長時間露光で撮影する場合よりも高い解像度を実現できます。

今回の事例では、惑星や月の画像を撮影するために、「FireCapture」と呼ばれるJavaを100%使用したアプリケーションが開発されました。このアプリケーションでは、Basler pylon SDKを使用し、Java Native Interface(JNI)を通じてBasler scout scA640-120に接続しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、以下のリンクをクリックしてください。