お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

タービンにかかる圧力:航空機エンジンのタービンブレードの検査に貢献するBaslerのGigE対応カメラpilot

航空機のエンジンの中にあるタービンは、非常に過酷な環境に置かれており、1回の飛行において30,000rpmの速度と800°Cの温度の中で何時間も稼働しなければなりません。そのため、ブレード表面に非常に小さな欠陥があるだけでも、性能と信頼性に影響することがあります。このタービンブレードの機能と信頼性を維持するために、航空機業界では、慎重かつ精度の高い定期点検を行うことが求められています。

アメリカ・ケベック州を拠点とするOrus Integration社は、高い再現性と精度で予測可能な結果を連続して出すことが可能なタービン検査システムの開発を任せられました。同社が開発した検査システムINL-1900x2Tには、様々な解像度を持つBaslerのGigE対応カメラpilotと広い視野角を誇るテレセントリックレンズ、そして特殊な照明機器が搭載されています。このシステムでは、1か所当たり15秒の検査で以下の項目を点検できます。

  • 数百種類あるブレードの計測項目の検証
  • タービンブレードの両面とブレード表面にある重大な欠陥の検出
  • 部品に印字されている文字や表示の確認

この厳しい検査工程の詳細については、当社の成功事例をご覧ください。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。