お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

外科手術システムの目となっているBaslerのGigE対応カメラpilot

Pathfinder Therapeutics社は、ヴァンダービルト大学からの依頼でカスタマイズされたレーザースキャナーの開発に取り組みました。同社では、腹部手術向けの様々な画像誘導手術システムの開発・製造を行っています。画像誘導手術ではGPSに似たシステムが使用されており、手術前に行ったCT検査やMR検査のデータに基づいて手術器具の位置を正確に決めることを目的としています。

手術前のデータからは、臓器、血管、腫瘍の詳細な3Dモデルが作成可能です。そして、これらのモデルがあることで、執刀医は切断、切除などの処置を行う前やその最中に臓器の状態を把握できるのです。この魔法のような方法により、手術前のデータや3Dモデルを基に設定した位置に医療器具を正確に配置できるようになっています。

このシステムでは、解像度とフレームレートが異なる2台のBasler GigE対応カメラpilot が選ばれました。いずれのカメラも単一のプラットフォームで使用できるため、開発にかかる労力を大幅に抑えています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。