お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

ナパバレーのワイナリーで利用が拡大しているマシンビジョン

フランス、イタリア、スペインに続き世界で4番目のワイン生産量を誇るカリフォルニア。カリフォルニア産ワインはカリフォルニア州の経済において重要な役割を担っていることから、品質の高さだけでなく、生産性の向上も求められています。多くの場合、生産性の向上といえば、マシンビジョンの活躍が期待される分野です。カリフォルニア州フルトンにあるケンダルジャクソンは、マシンビジョンによるボトル検査で生産性を向上させたワイナリーの一つです。このワイナリーでは、最近になってラベリングマシンを通過したボトルのラベルを検査する必要があることに気づきました。ここで問題となったのは、ラベリングマシンから出てきたボトルの位置や方向が毎回定まっていないことです。そして、そのソリューションとしてCI Vision社(アメリカ・イリノイ州オーロラ)によって開発されたのが360 Full Viewです。ワインボトル検査システムの360 Full ViewにはBaslerのカメラが搭載されており、ボトルに貼られたラベルを点検することができます。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。