お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

魚体自動仕分け識別システムの中枢を担うBaslerカメラ

スイスアルプスのフルティゲンでは、レッチュベルクベーストンネルから流れてくる温水をチョウザメの持続的な養殖生産に利用しています。最適な生育条件を確保するには、魚の仕分けを定期的に行うだけでなく、キャビアとなる卵の生育状況に応じてチョウザメを個別に識別しなければなりません。プロジェクトの最初の目標は、チョウザメが水中にある監視用水路を自然に泳いで通り過ぎる際に自動的に仕分けを行う装置を開発することでした。従来の人間による作業に比べると、この仕分け方法はコストの削減が可能なだけでなく、魚にストレスがかからず、魚が傷つくリスクも下がります。二番目の目標は、生物測定学的特徴に基づいてチョウザメを個別に識別できるかを調査することでした。将来的には、この方法がRFIDチップの使用に代わるものとなる可能性もあります。個体を識別するには、チョウザメの体表上に指紋に似た測定可能な特徴が存在する必要がありますが、チョウザメの前額部と鼻部に見られる模様こそが、その個体の特徴を表すものであると考えられています。そこで、BaslerカメラpiA2400-17gcとLED照明パネルを組み合わせて二番目のビジョンシステムを構築し、防水ケースの中に取り付けました。前額部と鼻部にある模様を細部まで撮影するには、5メガピクセルという高い解像度が求められます。個体の識別に最適な画像処理アルゴリズムの開発には、さらなる研究が必要です。この2つのカメラモデルにはGigabit Ethernet接続が搭載されているため、画像処理用コンピューターの設置について高い柔軟性を実現しています。コンピューターは通常、水から20m離れた場所に置かれています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。