お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

車のヘッドライトの試験・調節機に使用されているBaslerカメラ

今回の事例では、円錐状に照射された光の上端部分の演色性 を確保するために車のヘッドライトを自動的に調整し、単独で動作可能な試験・調節機を開発することが課題となりました。試験装置は全自動型で、必要となるすべての機械・電子部品が取り付けられています。そして、マシンビジョンシステムはフォーカシングスクリーンに投影された画像を数学的に評価するとともに、その結果に基づいてステッピングモーターを制御し、ヘッドライトのダイヤフラム を要件に合うように調整します。この機器は、車のヘッドライドに照らし出された投影スクリーン上にある画像を分析し、分析結果にしたがってヘッドライトを調整するために使用されており、様々な種類のヘッドライトの試験や調整が行えます。また、機器自体がアルミ製で、部品にもアルミ成形品が使用されているため、機械的な柔軟性が高く、将来的には他の種類のヘッドライトを試験することも可能です。ソフトウェアには、NI Vision開発モジュールを含むナショナルインスツルメンツ社のLabVIEW(TM)をベースにしたものを実装しており、Basler scoutを搭載したマシンビジョンによる撮影と機器の機械・電子部品の両方を制御します。このほか、オペレーターコンソールとしてコンピューターも使用しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、以下のリンクをクリックしてください。