お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

Basler aceを利用した革新的な高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システム

IPカメラによる交通監視システムでは、高速で移動する車両の自動ナンバープレート認識(ANPRまたはLPR)は非常に難しい作業となります。これは、IPカメラに搭載されている標準的なローエンドセンサーが主な原因であることがほとんどで、感度が限られているために露光時間が長く、画像にブレが生じます。しかも、映像を圧縮するため、画像情報が減少し、ナンバープレートの非常に細かい文字を撮影する際に大幅な速度低下が見られます。交通違反の増加で安全に対する懸念が高まる中、シンガポールではより良いソリューションが求められていました。

そこで、Baslerの顧客であるOptasia Systems社は、ソニー社製CMOSセンサーIMX249を搭載したBasler aceを利用し、高速リアルタイム自動ナンバープレート認識システムを開発しました。Optasia IMPSTM Video Analytics LPRと呼ばれるこのシステムのソフトウェアは、Baslerのpylon SDKを使用してプログラムされています。このシステムでは、広いダイナミックレンジを持つIMX249センサーとオートブラケットと呼ばれる機能を使用することにより、異なる照明条件において効果的に撮影を行うことができます。

ナンバープレート認識のための画像の撮影、切り取り、処理の方法については、当社の成功事例でご説明しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。