お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

リサイクル用の小さな資材の自動光学式選別

リサイクル用資材の光学式識別・選別では、処理した資材の形状や大きさが不揃いであることが大きな課題となっています。例えば、細かく裁断された電子機器のスクラップ資材を選別する際には、様々な形をした平らな銅板と同様に、長くて細い鎖状の銅線も正確に「銅」として識別する必要があります。また、細かい部品が密集している基板は色(緑、ベージュ、青、赤など)に基づいて識別が行われますが、たとえ検査可能な表面部分が少ない場合でも、正確に識別しなければなりません。そのため、Baslerカメラなどの高性能なハードウェア機器に加え、従来の検査・選別を行う既成のマシンビジョンソフトウェアパッケージよりも複雑な処理が可能な専用の画像処理ソフトウェアの開発に重点が置かれました。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、以下のリンクをクリックしてください。