お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア

尿沈渣検査におけるCNN搭載型ビジョンシステムの活用

概要

尿中の固形成分を顕微鏡で観察し、腎臓や泌尿器の疾患を診断する尿沈渣検査。しかし、従来の手作業では時間がかかり、人的ミスが発生するおそれもあるため、多くの臨床検査機関で自動化が進められています。性能、機能、設置スペースなどさまざまな要件が求められるなか、優れたコストパフォーマンスを誇るCNN搭載型のエンベデッドビジョンシステムが開発されました。

課題

CNNの解析アルゴリズムを活用したエンベデッドビジョンシステムなら、コストを抑えながら、高速・高精度な検査を実現できます。しかし、そのためには豊富なノウハウを有する企業により、ハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせる必要がありました。

ソリューション

今回のデモ機は、高精度かつ低コストなCNN搭載型ビジョンシステムとして、尿沈渣検査における顕微鏡観察を自動化することが可能です。開発に際しては、Baslerが幅広い製品ラインナップを活かし、すべてのハードウェアとソフトウェアをワンストップで揃えました。

そのうち、ハードウェアにはdart MIPI対応BCON搭載モデル(カラー、5MP)、データケーブル、エンベデッドビジョンプロセッシングキットを採用。キットに含まれるプロセッシングボードは、BaslerがNXPセミコンダクターズ社製i.MX 8M Plusを使用して開発したもので、各種通信・制御を行う中央装置として、コンパクトでありながら、優れたコストパフォーマンスを実現しています。

カメラの設定や画像取得にはpylon Camera Software Suite、デベイヤリングノイズ除去、関心領域(ROI)の設定、スケーリングなどの前処理にはdartに内蔵されている画像信号プロセッサー(ISP)を使用します。なお、dartにはISPなしのモデルもありますが、その場合は、エンベデッドビジョンプロセッシングキットに含まれるi.MX 8M PlusのISPで代替可能です。さらに、i.MX 8M PlusにはCPUのほか、ハードウェアアクセラレーションによる高効率処理が可能なNPUも搭載されているため、負荷の大きい推論作業はNPU上で、バウンディングボックスの表示、統計データの生成、尿沈渣成分の分類などの後処理についてはCPU上で行うようにしました。

メリット

  • 必要なものがすべてセットになったエンベデッドビジョンプロセッシングキットをご提供
  • プロトタイプ開発・量産に最適なプロセッシングボードが付属
  • 豊富なノウハウを活かし、長期にわたる供給を確保しながら、優れたコストパフォーマンスを実現
  • 従来の画像処理・解析とCNNの技術をシームレスに融合

各種ソリューション・製品についてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

Basler営業チームに問い合わせる