お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

お使いの画像処理システムに合ったインターフェースとは?

厳しい要件を満たすインターフェースをお探しの方向けに、最適なインターフェースが一目でわかる図表をご用意しました。図表の中では、各種インターフェースの技術仕様を比較しているほか、コストを抑えながら高解像度・高フレームを実現できるCoaXPress 2.0のメリット、従来のインターフェース(CameraLink、CXP-6など)からの移行手順・移行コスト、市場動向について解説しています。

CoaXPress 2.0または10GigEへの移行

現在CXP-6、Camera Link、USB 3.0、GigEをお使いで、CXP-12または10GigEへの移行をご検討中なら、ぜひこの図表をご覧ください。

CoaXPress 2.0または10 GigEへの移行
CoaXPress 2.0と10 GigEの仕様

CoaXPress 2.0と10GigE - 仕様

この図表では、各種要件に合ったインターフェースをお探しの方向けに、CXP-12と10GigEの主な仕様を比較しています。ぜひご覧ください。

CoaXPress 2.0と10GigE - 市場動向

この図表では、CXP-12と10GigEの対応アクセサリー、消費電力、コネクター種別に関する市場動向を比較しています。ぜひご覧ください。

CoaXPress 2.0と10 GigEの市場動向
CoaXPress 2.0の技術的特長

Camera Link、CoaXPress 1.1.1からCoaXPress 2.0への移行 – 技術的特長

この図表では、転送速度、対応センサー、システムコスト、導入コストの面におけるCXP-12の技術的特長についてご覧いただけます。

Camera Link、CoaXPress 1.1.1からCoaXPress 2.0への移行 – システムの簡易化とコスト削減

カメラ、ケーブル、フレームグラバーを含め、システムのコスト削減と簡易化が可能なCXP-12。その詳細について、ぜひこの図表をご覧ください。

CoaXPress 2.0によるシステムの簡易化とコスト削減

CoaXPress 2.0対応製品の詳細については、こちらをご覧ください。

新規格CoaXPress 2.0の詳細はこちら