お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報
  • OPC UA - コンピュータービジョン業界に革命をもたらす通信プロトコル

    このビデオでは、OPC Unified Architecture(OPC UA)を活用し、追加のプログラミングやカスタマイズを行うことなく、異なるビジョン機器をプラグアンドプレイで接続する方法について解説しています。ぜひご覧ください。

    ビデオを見る

OPC UA - 機器の相互運用を実現する共通通信プロトコル

システム構成機器の共通言語

インダストリー4.0インダストリアルIoT(IIoT) では、機器間の情報のやり取り、つまりM2M通信をいかに行うかが重要になります。プラットフォームの種類やメーカーにかかわらず、スムーズなM2M通信を実現するOPC UA規格は、単純なデータ転送に加え、機械読取可能な意味情報の交換も可能であるなど、導入や運用が簡単であることから、産業機器のデジタル化につながる注目の技術として普及が進んでいます。

マシンビジョンの世界においても、異なる機器をプラグアンドプレイで直接接続し、必要な情報を柔軟に取得できるOPC UAは非常に有用です。例えば、ビジョンシステムの制御装置にOPC UAを導入すれば、追加のプログラミングやメーカー特有のカスタマイズを行うことなく、カメラ設定、画像解析、結果通知などを一括で行うことが可能です。

専門家が解説:OPC UAに関する4つの注目ポイント

Baslerの専門家Dr. Ralf LayがOPC UAの重要性をトピックごとに解説します。

OPC UAによる高度なビジョンシステムの構築

このビデオでは、pylon Camera Software Suite用のツールを活用することにより、ビジョンシステムと他の機器を簡単に接続する方法について解説しています。

インダストリー4.0におけるビジョンシステムの動向

インダストリー4.0におけるビジョンシステムの動向

このホワイトペーパーでは、インダストリー4.0時代のスマートファクトリーと従来の工場を比較しているほか、最新の技術を活用したスマートファクトリーのさまざまな特長やビジョンシステムへの今後の影響について解説しています。

インダストリー4.0におけるコンピュータービジョンの役割

インダストリー4.0におけるコンピュータービジョンの役割

Vision Campusの記事では、インダストリー4.0におけるコンピュータービジョンの役割について、スマートファクトリーによる工場全体のネットワーク化を例に挙げながら解説しています。

お問い合わせ

ご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

Basler営業チームに問い合わせる