お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
  • ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

    高速かつ正確な推論が特長のFPGAボード搭載システム

    シンプルな構造で迅速な市場投入が可能なコンピューターシステム

    コンパクトかつ低コストなエンベデッドシステム

ビジョンシステムにおけるディープラーニングの活用方法

コンピュータービジョンの世界に急速に普及しつつあるディープラーニング。これを行う人工ニューラルネットワーク(ANN)には、大きく分けて2つの特長があります。1つ目は、ロボットやファクトリーオートメーション、リテール関連機器の処理精度や耐久性の向上が期待できること。そして2つ目は、顕微鏡による病理検査や複雑なパターンの分類が必要な表面検査など、これまで不可能であった画像分析が可能であることです。

従来のルールベースアルゴリズムと比較した場合のディープラーニングのメリット

  • 複雑な画像の分類が可能
  • 高い処理精度と耐久性を実現
  • 自動抽出機能を搭載

Baslerでは、ANNによる推論に最適なハードウェアを含め、ディープラーニング用ビジョンシステムの開発に必要な製品を幅広く取り揃えています。

高速かつ正確な推論が可能:FPGAボード搭載システムにおけるディープラーニングの活用方法

高速かつ正確な推論が可能:FPGAボード搭載システムにおけるディープラーニングの活用方法

ディープラーニングによる膨大なデータ処理が必要な場合、高速かつ正確な推論で最高の性能を実現するFPGAボードを搭載したビジョンシステムがおすすめです。Silicon Software社製microEnable 5 marathon deepVCLとFPGA画像処理開発環境VisualAppletsを組み合わせれば、わずか数クリックでFPGA上で動くANNを構築できます。

詳細はこちら

シンプルな構造で迅速な市場投入が可能:コンピューターシステムにおけるディープラーニングの活用方法

システムの簡易化と迅速な市場投入が求められる場合、スムーズなデザイン・インが可能なコンピューターシステムがおすすめです。幅広いラインナップを誇るカメラシリーズace、pylon Camera Software Suiteなど、Baslerがお届けするプラグアンドプレイ対応のハードウェアとソフトウェアを使用すれば、ANNの導入にかかる労力を抑えながら、ディープラーニングに最適なコンピュータービジョンシステムが構築できます。

詳細はこちら

シンプルな構造で迅速な市場投入が可能:コンピューターシステムにおけるディープラーニングの活用方法
コンパクトかつ低コスト:エンベデッドシステムにおけるディープラーニングの活用方法

コンパクトかつ低コスト:エンベデッドシステムにおけるディープラーニングの活用方法

コンパクトかつ低コストなエンベデッドシステム。ボードレベルカメラとエンベデッドプロセッシングユニットを組み合わせてビジョンシステムを構築すれば、製品単価を最小限に抑えることができます。カメラモジュールから各種コンサルティング、すぐに導入可能なソリューションに至るまで、Baslerがディープラーニングに最適なエンベデッドビジョンシステムをご提案いたします。

詳細はこちら

ディープラーニングに関する情報

ホワイトペーパー、Vision Campusのビデオ、活用事例など、当社ホームページでは、ディープラーニングに関するさまざまな情報を掲載しています。ぜひご覧ください。

お問い合わせ

ハードウェアの選定を含め、ディープラーニング用ビジョンシステムについてご不明点がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください。

問い合わせる