お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

活用事例

エッジ型エンベデッドビジョンシステムとIBM社製Watson IoTプラットフォームを活用したキャップジェミニ社によるベルトコンベヤーの予知保全

生産工程に不具合を検出、是正するシステムを導入し、不具合対策にかかるコストや品質への影響を最小限に抑えるにはどうすればよいのでしょうか?また、そのシステムに継続的な改善を行うインテリジェントな機能を持たせる方法とは?Baslerパートナーネットワークの参加企業であるキャップジェミニ社は、IBM社製Watsonを外観検査に利用することにより、その答えとなるソリューションを開発することに成功しました。このソリューションを導入すれば、組立作業や生産上の不具合をエッジデバイスで検出することができます。

この活用事例では、システムの仕組みについて詳しくご紹介しています。システムの稼働とトレーニングを行う際には、Basler dartのグローバルシャッターセンサー搭載モデル、AAEON社製UPボード、ネット回線、IBM社製Watson IoTプラットフォームのほか、実際の生産ラインを再現した小型のベルトコンベヤーも使用されました。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、以下のリンクをクリックしてください。