お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

活用事例

: ヘルメットと反射ベストの認識が可能な入退管理システム

工事や防犯の現場で最も重視される安全性。その安全性を確保するため、Baslerでは、人工知能(AI)とエンベデッドビジョンの技術を活用し、人間はもちろん、反射ベストやヘルメットなどの物体を認識することも可能な入退管理システムのデモ機を開発しました。

このシステムにはスマートなAIが搭載されており、カメラに映った人間が反射ベストとヘルメットを着用しているかを検出することで、制限エリアへの立ち入りの可否を判断します。しかも、収集したデータを統計情報として画面に表示する機能もあるため、入退の承認状況や人数も簡単に把握できます。

デモ機に採用されているハードウェアやソフトウェアの種類、その他のメリットの詳細については、当社の活用事例をご覧ください。