お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

: がん診断の精度向上に貢献する革新的な病理検査自動化システム

病理検査時の不備や検体の取り違えにより、ドイツ国内だけで誤診や不適切な処置が1年間に数百件も発生しています。このような問題に対応するため、スタートアップ企業のinveox社は、Baslerのボードレベルカメラdartを活用し、革新的なシステムを開発しました。「検体の採取から顕微鏡観察に至るまで、病理検査の全工程をデジタル化、自動化、ネットワーク化し、がん診断の精度と速度を向上させることを目指しました」と同社の創業者であるDominik Sievert氏は話します。

当社の成功事例では、inveox社がこの目標を達成した過程やBasler dartが果たした役割についてご紹介しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。