お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

成功事例

Helmee AOIとBasler ace Lを活用した高光沢自動車部品の自動光学検査

ほとんどのメッキ加工企業では、亜鉛メッキを施した後に合格品と不良品を仕分けるという難しい作業を行っています。外観検査を行う際には、欠陥を見つけるために明るい照明が必要になりますが、 反射性の高い部品の場合は、反射光で人間の目に大きな負担がかかります。しかも、検査作業にはスピードも求められます。以上の理由から、 多くの企業ではこれらの高度な作業の自動化を模索しています。

Baslerの顧客であるフィンランドのハイテク企業Helmee Imaging社も、その中の1社でした。同社は、光沢性や反射性の高い部品の自動光学検査(AOI)を行う革新的なシステムとして、Helmee AOIを開発しています。Helmee AOIは、Basler ace L 3台、産業用コンピューター1台、産業用ロボット2台、トレイコンベヤー、安全カバーで構成されており、トレイからの部品のピックアップ、全面的な外観検査、検査結果に基づいた仕分けを全自動で行います。

当社の成功事例「Helmee AOIとBasler ace Lを活用した高光沢自動車部品の自動光学検査 」では、Helmee AOIの仕組みやBasler ace Lが今回の用途に最適である理由について詳しくご紹介しています。

今すぐ無料でダウンロード

ダウンロードを開始するには、言語を選択してください。