お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

活用事例

BaslerとData Spree社(ドイツ・ベルリン)が共同でビジョンシステムを開発。果物の素早く正確な自動識別に成功しました。

Basler Time-of-FlightカメラblazeとData Spree社製ディープラーニングソフトウェア「Deep Learning DS」を活用し、3Dデータにより物体を認識すれば、色や形状の異なる農産物の選別など、従来は難しかった高度な画像処理が可能になります。

その詳しい仕組みやメリットについて、活用事例「3Dカメラとディープラーニングソフトウェアの活用による果物の自動識別」をぜひご覧ください。