お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する

照明

画像処理の最初のプロセスとして最も注意が必要となるものが照明です。最適な照明システムを構築するために投資を行うことは、プログラミングや画像の分析にかかるコストの削減につながります。照明には、暗視野照明、明視野照明、連続照明、フラッシュ照明などの種類があります。フラッシュ照明は、エリアスキャンカメラによく使用されています。一方、ラインスキャンカメラの場合は、常時明るさを確保できる照明が必要となります。

スペクトル、偏光、コリメート光、散乱光、またはこれらを組み合わせた光など、様々な光を使用することで最適な照明を確保できます。金属部品の検査では、多くの場合でコリメート光と散乱光を組み合わせて使用する必要があります。通常の照明システムは、LED、ハロゲンランプ、メタルハライドラン、レーザー、蛍光灯など、高い周波数や低い周波数を持つ光源を利用しており、それぞれの光源によってメリット・デメリットが存在します。高画質な画像の撮影や画像の正確な分析を行うには、最適な光源を選ぶことが重要になります。

照明パートナー

CCS Inc.
38 Konoe-cho, Demizu-agaru,
Muromachi-dori, Kamigyo-ku
Kyoto 602-8019
Japan
https://www.ccs-grp.com

カメラ検索

製品を検索