お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
  • カメラの評価やソフトウェア開発をかつてないほどスムーズに行うことができる新型pylon 5

    多言語に対応し、カメラ製品のマニュアルも閲覧可能な新型pylon 5がダウンロードできるようになりました。

    新型pylon 5の詳細
  • pylon Camera Software
    Suiteのチュートリアル

    このチュートリアルビデオでは、
    新登場の多言語機能やマニュアル類について
    ご紹介しています。ぜひご覧ください。

    クリックして再生

Windows用pylon

簡単操作のSDKとドライバーやツールがセットになったソフトウェアパッケージpylon Camera Software Suiteは、新登場のGenICam 3.0に準拠しており、最新のカメラモデルを操作し、その機能にスムーズにアクセスできます。

Windows用pylonの主な機能

  • BaslerのGigE Vision、USB3 Vision、IEEE 1394、Camera Link対応カメラに完全対応
  • BaslerのGigE Vision対応カメラとUSB3 Vision対応カメラに使用可能なGenICam GenTL Producer(バージョン1.5)を搭載
  • Windows 10(32ビット、64ビット)までのすべてのバージョンのWindowsで使用可能
  • デスクトップシステムとエンベデッドシステム用にカスタマイズ済み
  • GenICam準拠の使いやすいSDKにより、開発コストを削減し、長期にわたって投資対効果を確保

GenTL規格には、システム全体の中から1台または複数のカメラを検出し、処理、設定をしたうえで撮影を行う機能があります。つまり、MathWork社製MATLAB、MVTec社製HALCON、Stemmer Imaging社製Common Vision Bloxなど、GenTL規格に対応したサードパーティ製ソフトウェアを通じてBaslerカメラを操作できるのです(機能ブロック図参照)。また、Baslerの長年にわたる経験と、高性能カーネルドライバーの開発における業界屈指のノウハウにより、不具合がなく、CPU負荷も少ない、安定性と信頼性を兼ね備えた画像転送が可能です。

pylon 5には2種類のGenTL Producerが搭載されているため、サードパーティ製ソフトウェアを通じてBaslerのGigE Vision対応カメラとUSB3 Vision対応カメラを操作できます。また、Windows 10(32ビット・64ビット)を含め、現在あるすべてのバージョンのWindowsに対応しています。

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

Basler pylon Camera Software Suiteやその最新のリリースノート、pylonインストール&セットアップガイドは、こちらからダウンロードいただけます。

pylon 5 Camera Software Suiteは、業界初となるGenICam 3.0技術を使用したソフトウェアです。

より速く:GenICam 3.0を使用することにより、以前のバージョンと比べてカメラの起動時間が約4倍速くなりました。

より小さく:GenICam 3.0では、以前のバージョンと比べて必要なRAMが約半分になっています。

特にパワーが低いシステムでは、これらの特長が大きな威力を発揮します。 新しくなったGenICam 3.0は下位互換性にも優れており、既存のソフトウェアに対するコード修正がほぼ必要ないため、旧式のBaslerカメラをご使用の場合でもpylonの革新的な性能を実感していただけます。 必要な変更の詳細については、pylon移行ガイドに記載されています。

より簡単に: pylon 5では新しいセットアップ方法を採用しているため、 初めて使用される場合でも、わずか数クリックでインストール可能。 新たに導入されたコピーするだけの簡単なデプロイメント方法により、pylon SDKで作成したプログラムをエンドユーザーに簡単に配布できるため、 他のメーカーが開発したGenICam対応のマシンビジョンソフトウェアパッケージと競合することなく、簡単かつスムーズにpylonをインストールできます。

pylonの主な機能

  • NEW:カメラマニュアルを内蔵することで使いやすさを向上。

    ビューワー上で直接マニュアルを閲覧し、内容を確認できるため、カメラの評価やソフトウェア開発をかつてないほどスムーズに行うことができます。閲覧の際には、pylonビューワーのカメラ機能をワンクリックするだけでHTML版マニュアルに移動するため、マニュアルを別途検索したり、ダウンロードしたりする必要はありません。

    開発ソフトウェアの操作性も向上しており、C++、C、Cを含む各種プログラミング言語に対応したサンプルコードが付属しているため、コードをコピーペーストしてコンパイルするだけで作業が完了します。

    pylon Camera Software Suiteのチュートリアル

    詳細はこちら
  • NEW:pylonビューワーのカメラ機能が多言語に対応

    カメラ機能の説明やツールの使い方を英語以外の言語で閲覧したいという方のために、業界で初めてカメラ機能の多言語対応を実現。pylonの各種機能・ツールに関する説明をご希望の言語でご覧いただけます。

    pylon Camera Software Suiteのチュートリアル

    詳細はこちら
  • pylon SDK

    高い操作性でカメラアプリケーションの開発に便利なpylon SDKは、わずか数行のコードでカメラの設定や画像の撮影、撮影画像のコンピューターハードドライブへの保存を行うことができます。

    マニュアル類やサンプルプログラムも充実しており、一般的なカメラアプリケーションに使用されているプログラム言語(C、C++、C#、VB.NETなど)を網羅しているため、アプリケーションの開発効率が大幅に向上します。

    詳細はこちら
  • GigE対応カメラとUSB 3.0対応カメラで使える帯域幅マネージャー

    簡単操作の帯域幅マネージャーがあれば、GigE対応カメラまたはUSB3.0対応カメラで撮影したすべての画像が設定した帯域幅でアプリケーション(pylonビューワーなど)に確実に送信されているかを確認できるため、画像データ転送の最大スループットや信頼性の面でシステム全体を最適化できます。画像データの転送に伴う負荷は、接続されているカメラごとに個別に調整できるため、すべてのカメラの持つ帯域幅を最大限まで活用しながら、エラーを起こすことなく画像データを転送することが可能です。

    詳細はこちら
  • pylonビューワーの録画機能

    この機能では、カメラのライブ映像を各種圧縮形式・非圧縮形式のビデオファイルとして記録したり、連続する静止画像をAVIファイル(圧縮・非圧縮)またはスライドショー画像などの形式でコンピューターのハードドライブに保存したりすることができます。しかも、撮影速度を変えれば、タイムラプスビデオを作成することも可能です。pylon 4のリリース時に初めて追加されたこの録画機能は、以降の全バージョンのpylonにも搭載されています。

    pylonビューワーの録画機能の詳細については、当社のビデオをご覧ください。

    詳細はこちら
  • pylon USBコンフィギュレーター

    USBコンフィギュレーターでは、USBのトポロジー、潜在的な性能、最大帯域幅の情報を確認し、ワンクリックでドライバーの不具合を修正できるほか、USB 3.0カメラがUSB 2.0ポートに接続されているなど、人的なエラーを検出することも可能です。

    pylon USBコンフィギュレーターの詳細については、当社のビデオをご覧ください。

    詳細はこちら
  • pylon機能ツリーの検索機能とお気に入り登録

    pylon機能ツリーに検索機能が追加されました。キーワードを入力することにより、すべてのカメラ機能を素早く簡単に検索いただけます。見つかった機能はお気に入りに登録できるため、カメラ評価の際に再度時間や手間をかけて検索する必要はありません。ぜひお試しください。

    詳細はこちら
  • 自動画像補正機能

    pylonビューワーのもう1つの便利な機能として、自動画像補正機能があります。この機能では、ボタンをワンクリックするだけで、選択したカメラの色合いや明るさを周囲の環境に合わせて自動的に調節できます。

    詳細はこちら

ドライバーのリンクリストへ

pylon Camera Software Suiteに最適なカメラモデル

pylon Camera Software Suiteは、Baslerカメラのうち、ace、aviator、Basler beat、dart、pilot、scout、scout light、runner、racer、A6xxf、A31xf、A102fの全モデルに対応しています。 Camera Link対応カメラについては、カメラ設定機能のみをご使用いただけます。画像の取得はできません。 Basler sprintシリーズ、Aシリーズ、LシリーズのCamera Link対応モデルはpylonに対応していないため、 別途カメラ設定ツールプラス(CCT+)が必要になります。

各バージョンのpylonは、他のバージョンから完全に独立しています。高いバージョンのものは、古いバージョンから更新されたものではありません。 古いバージョンのpylonがインストールされているコンピューターに新しいバージョンをインストールしないでください。古いバージョンのpylonがインストールされている場合、新しいバージョンが正常に動作しないおそれがあります。最新バージョンのpylonの改善点については、pylonリリースノートもご覧ください。

Basler pylon Camera Software Suiteやその最新のリリースノート、pylonインストール&セットアップガイドは、こちらからダウンロードいただけます。

Baslerでは、完全なソフトウェアスイートに加え、pylon Runtime EnvironmentやUSB、GigE、IEEE 1394用の個別のドライバーを含むpylon再頒布可能パッケージもご提供しています。再頒布可能パッケージの最新版は、こちらからダウンロードいただけます。

pylon Camera Software Suiteの詳細については、文書のダウンロードページに掲載されているパンフレットをご覧ください。

pylonをダウンロードする

pylonをダウンロードする
ダウンロードページへ

カメラ検索

製品を検索

フィードバックをお寄せください

pylonの好みをご教示願います。

サポートはおまかせください

お問合せ
Baslerサポート
日本国内販売代理店

pylonの使用について

pylonの使用について

pylonは、Baslerカメラに対してのみ使用が許可されています。詳細については、こちらをご覧ください