お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
  • 新型pylon 5を今秋リリース!

    GenTL Producerのほか、GigE Vision対応カメラでも使用可能になった帯域幅マネージャーを搭載した新型pylon 5を公開しました。

    pylonを今すぐダウンロード!

Linux x86用pylon

簡単操作のSDKとドライバーやツールがセットになったソフトウェアパッケージpylon Camera Software Suiteがあれば、Windows、Linux、OS X上で最新モデルも含めたすべてのBaslerカメラを操作し、その機能にスムーズにアクセスできます。

BaslerのLinux x86用pylonやその注意事項、その他関連文書はすべてこちらからダウンロードいただけます。

Linux x86用pylonの主な機能

  • BaslerのGigE・USB 3.0対応カメラに完全対応
  • BaslerのGigE Vision対応カメラとUSB3 Vision対応カメラに使用可能なGenICam GenTL Producer(バージョン1.5)を搭載
  • BCON搭載カメラの設定が可能
  • 32ビット、64ビット、x86のアーキテクチャーに対応
  • デスクトップシステムとエンベデッドシステム用にカスタマイズ済み

GenTL規格には、システム全体の中から1台または複数のカメラを検出し、処理、設定をしたうえで撮影を行う機能があります。つまり、MathWork社のMATLAB、MVTec社のHALCON、Stemmer Imaging社のCommon Vision Bloxなど、GenTL規格に対応したサードパーティー製ソフトウェアを通じてBaslerカメラを操作できるのです(機能ブロック図参照)。また、Baslerの長年にわたる経験と、高性能ドライバーの開発における業界屈指のノウハウにより、不具合がなく、CPU負荷も少ない、安定性と信頼性を兼ね備えた画像転送が可能です。

pylon 5には2種類のGenTL Producerが搭載されているため、サードパーティー製ソフトウェアを通じてBaslerのGigE Vision対応カメラとUSB3 Vision対応カメラを操作できます。

現バージョンのLinux x86用pylonは、Linuxカーネルの現在あるすべてのバージョン(LSB 4.1:詳細については注意事項のファイルをご覧ください)でご使用いただけます。

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

pylon 5 Camera Software Suiteは、業界初となるGenICam 3技術を使用したソフトウェアです。

より速く:GenICam 3を使用することにより、以前のバージョンと比べてカメラの起動時間が約4倍速くなりました。

より小さく:GenICam 3では、以前のバージョンと比べて必要なRAMが約半分になっています。

pylon 5―より速く、小さく、簡単に

特にエンベデッドシステムなどのパワーが低いシステムでは、これらの特長が大きな威力を発揮します。新しくなったGenICam 3は下位互換性にも優れており、既存のソフトウェアに対するコード修正がほぼ必要ないため、旧式のBaslerカメラをご使用の場合でもpylonの革新的な性能を実感していただけます。 必要な変更の詳細については、pylon移行ガイドに記載されています。

より簡単に:コピーするだけの簡単なデプロイメント方法を新たに導入。pylon SDKで作成したプログラムであれば、ランタイムで必要なpylonファイルを対象システムにコピーするだけで使用可能なため、少ないリソースでpylonアプリケーションをエンドユーザーに再配布できます。また、コピーデプロイメントを行うことにより、他のメーカーが開発したGenICam対応のマシンビジョンソフトウェアパッケージと競合することなく、簡単かつスムーズにpylonをインストールできます。

pylonの主な機能

  • pylon SDK

    高い操作性でカメラアプリケーションの開発に便利なpylon SDKは、わずか数行のコードでカメラの設定や画像の撮影、撮影画像のコンピューターハードドライブへの保存を行うことができます。

    マニュアル類やサンプルプログラムも充実しており、一般的なカメラアプリケーションに使用されているプログラム言語(C、C++)を網羅しているため、アプリケーションの開発効率が大幅に向上します。

    詳細については、ここをクリック
  • GigE対応カメラとUSB 3.0対応カメラで使える帯域幅マネージャー

    簡単操作の帯域幅マネージャーがあれば、GigE対応カメラまたはUSB3.0対応カメラで撮影したすべての画像が設定した帯域幅でアプリケーション(pylonビューワーなど)に確実に送信されているかを確認できるため、画像データ転送の最大スループットや信頼性の面でシステム全体を最適化できます。画像データの転送に伴う負荷は、接続されているカメラごとに個別に調整できるため、すべてのカメラの持つ帯域幅を最大限まで活用しながら、エラーを起こすことなく画像データを転送することが可能です。

    帯域幅マネージャーの詳細については、以下のビデオをご覧ください。

    詳細については、ここをクリック
  • pylon機能ツリーの検索機能

    pylon機能ツリーに検索機能が追加されました。キーワードを入力することにより、すべてのカメラ機能を素早く簡単に検索いただけます。

    詳細については、ここをクリック
  • 自動画像補正機能

    pylonビューワーのもう1つの便利な機能として、自動画像補正機能があります。この機能では、ボタンをワンクリックするだけで、選択したカメラの色合いや明るさを周囲の環境に合わせて自動的に調節できます。

    詳細については、ここをクリック

エンベデッドシステム用ソフトウェアの開発もより簡単に

エンベデッドシステムはデスクトップシステムと比べてコストが低いため、ビジョン用途においてますます注目を集めています。しかし、エンベデッドシステム用ソフトウェアの開発は、通常のシステムと比べて複雑であることが多く、コストもかさみます。

エンベデッドシステムの開発作業を軽減するpylonがあれば、開発コストや組み込みにかかるコストを削減できます。

  • pylonはさまざまなOS(Windows、Mac OS X、Linux)やプロセッサーアーキテクチャー(x86、ARM)に対応している一方で、常に同じAPIを使用しているため、通常のコンピューターでアプリケーションを(プロトタイプ用など)を開発した後、コードを変更することなく、エンベデッドシステムなどの別のプラットフォームに移行できます。また、既存のデスクトップシステムで使用しているpylonのコードについても、簡単にエンベデッドシステム用に移行できます。
  • pylonでは、カメラインターフェースの種類(GigE、USBなど)にかかわらず、常に同じAPIを使用しているため、評価やプロトタイピングの段階では接続が簡単なプラグアンドプレイ対応のカメラ(dartのUSB3 Vision対応モデルなど)を使用して開発を行い、エンベデッドシステムへの移行の際に他のインターフェースを使用したカメラ(dartのBCON搭載モデルなど)に移行できます。移行の際のコード変更もわずか数行で済みます(必要な場合のみ)。

pylonをダウンロードする

pylonをダウンロードする
ダウンロードページへ

カメラ検索

製品を検索

サポートはおまかせください

お問合せ
Baslerサポート
日本国内販売代理店

フィードバックをお寄せください

pylonの好みをご教示願います。

pylonの使用について

pylonの使用について

pylonは、Baslerカメラに対してのみ使用が許可されています。詳細については、こちらをご覧ください