お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ビジョンシステムを構築する オンラインストア
  • microDisplay X

    フレームグラバーをセットアップする際にシステム全体の設定の検証、アプレット選択・設定、カメラの設定を行うことができるソフトウェアです。

microDisplay X – 画像取得プロセスを簡単セットアップ

フレームグラバーをセットアップする際にシステム全体の設定の検証、アプレットの選択・設定、カメラの設定を行うことができるソフトウェアです。GenICam Explorer などの追加機能が含まれており、システム全体のセットアップも簡単スムーズ。カメラレジスターに直接アクセスし、GenICam対応カメラ(Camera Link、CoaXPress)のネットワーク構成を設定できるほか、SDKを使用しなくても、カメラとの接続やカメラ、フレームグラバーのファームウェアの制御・設定に関する情報を保存することが可能です。

microDisplay Xはランタイムでのご提供になります。

主な特長

  • セットアップ画面でGenICam対応カメラとアプレットアプリケーションの設定や設定内容の保存・確認が可能
  • 複数のアプレットアプリケーションの読み込みに対応(1枚のボードにつき1つ)
  • DMA(Direct Memory Access)出力画面を拡大し、個別の出力状況を大型ディズプレイで確認することが可能
  • 画像取得時のフレームレート情報(1秒当たりのフレーム数)を正確に収集
  • プロファイル、ヒストグラム(ピクセル値、分布情報)を利用することにより、ラインスキャンカメラシステムを簡単にセットアップ可能
  • カメラから転送された画像データが小さすぎるなど、割り当て済みバッファが未使用の場合、DMA出力画面に赤色で表示
  • カメラの検出、グラバーの動作、システムの状態、その他一般事項に関する情報をログ画面で確認可能

ダウンロードはこちら 製品ドキュメント

新しくなったmicroDisplay X

操作画面を一新し、フレームグラバーによる画像取得プロセスをよりスムーズにセットアップできるようになりました。カメラとフレームグラバーに合わせて対応するアプレットを読み込むと、フレームグラバーの画像取得に関する情報が表示されます。カメラ入力画面とDMA出力画面では、各種調整が可能(カメラとアプレットの画像の幅・高さを揃えるなど)なほか、画像取得時のDMA出力状況も確認できます。

動画、画像シーケンス、静止画の取得にも対応。画像取得の開始・終了時には、各画像をズームやスクロールが可能な個別の分析画面に表示します。ラインスキャンカメラについては、個別のピクセル値、各ラインの輝度・カラー値の分布状況に関するデータを利用することにより、セットアップがさらに簡単になっています。また、実際のカメラを使用しなくても、の画像データにもとづいてシミュレーションを行い、フレームグラバーをテストすることも可能です。

DMA詳細画面において画像取得に関する重要事項を一覧表示
利用可能なバッファを表示

microDisplay Xの主な特長

  • 画像取得アプレットのテスト・設定機能を搭載
  • 専用アプレットによる画像取得プロセスの実行・調整が可能
  • 取得した画像を個別の分析画面に表示
  • GenICam対応カメラにアクセス可能
  • 直感的な操作画面でカメラ設定の調整が簡単
  • ビジョンシステムのネットワーク構成のセットアップに対応
  • カメラ、アプレット、ネットワーク構成に関する設定の保存・再利用が可能

対応フレームグラバー

microDisplay Xは、microEnable 5imaWorx の各モデルに対応しています。

製品更新情報の定期配信登録

製品の更新に関する情報を定期的にお届けします。

今すぐ登録する