お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

直感操作のFPGA開発環境VisualApplets 3

フローチャート形式の直感操作によるFPGAプログラミングを実現。システム開発者、アプリケーションエンジニアにかかわらず、ハードウェアプログラミングに関する知識がなくても、数ステップの操作のみで高度な画像処理アルゴリズムを自由に開発できます。

基本パッケージのVisualAppletsベーシックバージョンのほか、特殊な機能を使用できるエクステンションライセンスとしてVisualApplets Extensions(個別ライセンスあり)もご用意しています。

抜群の性能

  • Vシリーズや画像処理機器向けのアプリケーションを開発可能
  • オペレーターやフィルターをドラッグ&ドロップし、リンクでつなぎ合わせるだけで画像処理アプリケーションを開発可能
  • そのまま使える80以上のサンプルアプリケーションで時間とコストを節約
  • 機能別にわかりやすくまとめられたオペレーターライブラリー
  • 開発中のアプリケーションをいつでも高い精度でシミュレーション
  • 開発したアプリケーション全体の整合性を確認する直感操作のデバッグ機能を搭載
  • 個別のオペレーター、デザインユニットの使用状況をFPGAリソースとともに表示する機能で利便性を向上
  • デザイン完了後にわずか数クリックで実行可能なFPGAアプレットを作成

画像処理機器のFPGAプログラミングをもっと簡単に

フレームグラバー、産業用カメラなどの画像処理機器に搭載されたFPGAにアクセスし、個別の設定を行うことができるソフトウェアです。

VisualAppletsバージョン3では、信号処理でのみ可能であったフローチャートのループ機能が画像処理にも対応し、画像シーケンスの同じピクセルに対する処理の繰り返しや画像の比較・一括処理ができるようになりました。複雑なアルゴリズム処理をFPGA上で行うことにより、ホストコンピューターのCPU負荷の軽減につながります。また、VisualApplets対応の画像フォーマットであれば、ループ機能を使用しても、フォーマットが変更されることはありません。

VisualApplets 3のライセンス システム開発者向けワークショップ

豊富な機能と抜群の操作性を兼ね備えたVisualApplets

VisualAppletsの直感的な操作画面

フローチャート形式の直感的な操作画面を採用。ドラッグ&ドロップのみで簡単にアプリケーションを開発できるほか、サンプルアプリケーションも充実しています。

二重のルールチェックにより開発したアプリケーションを検証可能。直感操作に対応したデバッグ機能も便利です。

デザインルールチェックと直感操作のデバッグ機能
アプリケーションのシミュレーション

画像処理システムのピクセルを正確に再現したシミュレーションにより、開発したアプリケーションの機能性を検証します。

VisualAppletsによるデザイン完了後、わずか数クリックで実行可能なFPGAアプレットを作成できます。

実行可能なアプレットをわずか数クリックで作成
高度な処理を実現する帯域幅制御

データ転送速度分析機能を使用すれば、転送リンクごとに利用可能帯域幅と必要帯域幅に関する情報を取得できます。

開発担当者・営業担当者のメリット

開発担当者のメリット

  • CPU負荷を軽減: CPUの上流にあるFPGA上でさまざまな処理(画像の最適化・分析、制御信号の生成)を行います。
  • ハードウェアプログラミングに関する知識が不要:VHDLに精通していなくても使用できる直感的な操作画面を採用しています。
  • ランタイムのパラメーター設定が簡単:FPGAデザインを作成した後、アプレット実装時にランタイムのパラメーターをスムーズに調整できます。
  • サードパーティライブラリーに対応:各種サードパーティ製画像処理プログラムとの互換性も確保しています。

開発サポートはこちら

営業担当者のメリット

  • 市場投入までにかかる時間を短縮:VisualAppletsが新規アプリケーションのスムーズな開発をサポート。作成したコードをシステムに迅速にアップロードできます。
  • 人件費の削減に貢献:直感的な操作画面を採用しているため、ソフトウェア開発者、アプリケーションエンジニアにかかわらず簡単に使用可能。ハードウェアプログラマーとソフトウェアプログラマーが協力して部門横断的に開発に取り組むことができます。
  • 投資を早期に回収:開発作業の継続的な調整に対応することにより、初期コストと維持コストを低減。収益性が向上すれば、新しいハードウェアプラットフォームを素早く導入できます。
  • 知的財産を保護:バイナリコードに変換することにより、画像処理向けに開発された独自のデザインを種類別に保護。アプレットと特定のFPGAを紐づけることにより、アプレットの無断使用を防止します。

営業サポートはこちら

VisualApplets Embedder - カメラやビジョンセンサーのFPGAにアプリケーションをアップロード

エンベデッドビジョンの普及により、従来まで一つに集約されていたハードウェアやソフトウェアのネットワーク化・分散化が進んでいます。このような動きに対応するために登場したVisualApplets Embedderは、産業用カメラやビジョンセンサーといったFPGA搭載機器の開発・運用をサポートし、リアルタイムな画像処理を実現するエクステンションライセンスです。このライセンスを購入すれば、メーカー、エンドユーザーにかかわらず、Visual Appletsで作成したアプリケーションを任意のFPGA搭載機器にアップロードできるため、用途や業種に合ったスムーズな製品開発が可能になります。

ビジョン機器に画像処理アプリケーションを素早く簡単にアップロード

VisualAppletsで作成したアプリケーションを任意のカメラ、ビジョンセンサーにアップロードすることにより、フローチャート形式による独自の画像処理デザインの作成や顧客の要望に応じた製品のカスタマイズを可能にするエクステンションライセンスです。

  • 画像処理アプリケーションを利用してFPGA搭載機器を自由にカスタマイズ
  • 顧客や市場の要件に応じて画像処理アプリケーションを迅速に調整可能
  • 製品ライン全体のスムーズな設計・稼働をサポート
  • 作成済みの画像処理アプリケーションを少ない労力で任意の機器にアップロード
  • 画像を前処理することでデータ量が抑えられるため、GigEなどの安価なインターフェースを導入可能
  • 各種フレームワークに合わせて機器をプログラミングできるなど、高い付加価値とコストパフォーマンスをご提供

VisualApplets Embedderの詳細はこちら

VisualApplets Embedder

VisualApplets Embedderの特長

コストパフォーマンスの高いカメラを簡単にカスタマイズ

コストパフォーマンスの高いカメラを簡単にカスタマイズ

  • VisualAppletsで作成したアプリケーションを任意のFPGA搭載機器にアップロード
  • 画質の最適化、データ量の抑制、プロセス管理などの前処理をリアルタイムで行うことにより、処理効率の向上とシステムコストの削減に貢献
  • FPGAプログラミングに関する知識がないエンドユーザーに対応
  • FPGA搭載機器の要件に変更があった場合でも柔軟な調整が可能
  • メーカーと独立した開発を可能にすることにより、エンドユーザーの技術ノウハウを保護
VisualApplets Embedder - メーカーのメリット

新市場の開拓に最適

  • VisualAppletsを介して周辺機器との入出力や接続を確保
  • 拡張機能を有する製品のスピーディーな開発を実現
  • 顧客の要件に応じた機能の追加が可能
  • 作成したアプリケーションを複数のカメラシリーズにアップロード
  • 既存の製品や従来のOEMでは対応できなかった顧客の新規開拓をサポート
VisualApplets Embedder - エンドユーザーのメリット

カメラのカスタマイズが簡単

  • 市場の要件に応じた迅速かつ柔軟な画像処理機器のカスタマイズを実現
  • ハードウェアプログラミングに関する知識がなくても少ない労力でカメラ機能を追加可能
  • 画像を前処理してデータ量を減らし、最終検査工程におけるCPU負荷を軽減することにより、画像分析の精度や検査速度の向上に貢献
  • 高度な暗号化により知的財産を保護し、ハッキングやリバースエンジニアリングを確実に防止

FPGA搭載のオープンプラットフォームの開発が可能

VisualAppletsのデザイン

VisualAppletsのデザイン

FPGA画像処理開発環境VisualAppletsを使用すれば、直感的な操作でアプリケーションをプログラミングし、カメラやビジョンセンサーにアップロードすることができます。

アプリケーションと機能

VisualAppletsで作成したアプリケーションをFPGA搭載機器のIPコアに簡単アップロード。必要な場合に随時プログラムを調整できます。

ほかの機器へのアップロード

作成したアプリケーションを基本デザインとして、ほかのカメラやハードウェアを含め、全製品シリーズにアップロードすることができます。

VisualApplets Expert - 上級者向けの拡張機能をご提供

VisualAppletsのデザイン用にオペレーターを作成できるカスタムライブラリーやデバッグライブラリー、パラメーターライブラリーなど、上級者向けの新機能を多数使用できるエクステンションライセンスです。画像処理アプリケーションのデザイン・検証の幅が広がります。

各ライブラリーは個別のライセンスで追加できます。

VisualApplets Expertの特長

  • カスタムライブラリー:VHDLやVerilogで作成した画像処理モジュール(VHDLライブラリー)をインポートし、VisualAppletsの汎用オペレーターとして利用可能
  • デバッグライブラリー:プログラムのエラー、デッドロック、帯域幅に関する問題を検出し、デザインの安定性を向上
  • パラメーターライブラリー:深い階層にあるパラメーターを調整した場合でも、ランタイム中にデザイン全体に変更を自動反映
  • TCLインタープリターがインストールされたコンソールにより、デザインプロセスを自動化することも可能。直接入力やTCLスクリプトの作成に対応した約80種類のトリガーコマンドをコマンドセットとして内蔵しているため、デザインの開発、調整、シミュレーションが自由自在

VisualApplets Expertの詳細はこちら

上級者向けのVisualApplets Expert

VisualApplets Expert - 高度な機能を有するライブラリーが充実

カスタムライブラリー

オペレーターの定義ファイル(XML)のインポート・エクスポートに対応し、オペレーターをカスタマイズできるライブラリーです。IPコアをはじめとする既存のリソースやコードを再利用することにより、わずか数ステップでFPGAプログラミングが完了するため、製品の市場投入を大幅に加速することが可能です。

デバッグライブラリー

画像分析、画像統計、ストリーミング分析、画像フローの制御・監視などの高度なデバッグ機能を有するライブラリーです。ランタイム環境にあるVisualAppletsのデザインや開発中のカスタムオペレーターのデバッグのほか、カスタムオペレーターの追加に伴うデザインへの影響を分析することも可能です。

パラメーターライブラリー

保護領域など深い階層にあるパラメーターを調整した場合でも、ランタイム中に変更を一括で自動反映させることが可能なライブラリーです。デザインの開発や追加ソフトウェアの使用に際し、パラメーターを手動で調整する手間が省け、エラーも防止できます。さらに、変更があったパラメーターから他のパラメーターの設定値を自動的に計算し、デザイン全体に反映させることも可能です。

TCLコンソール

異なるパラメーターを有する大量の画像のシミュレーションなど、複雑なプロセスをスクリプトにより自動化できるコンソールです。外部の画像処理ソフトウェアに接続し、デザインのパラメーターや画像を転送することも可能です。

特別な追加機能を有するVisualApplets Libraries

セグメンテーション、分類、圧縮など、画像処理機能を拡張するさまざまなオペレーターライブラリーが使用できるエクステンションライセンスです。

各ライブラリーは個別のライセンスで追加できます。

基本的な画像処理機能を一つに集約

  • セグメンテーション・分類オペレーター:対象物の特性に応じてラベル付けをすることが可能
  • JPEGオペレーター:画像処理機器のFPGA上で直接JPEG画像を圧縮することでデータ量を削減

VisualApplets Librariesの詳細はこちら

特別な追加機能を有するVisualApplets Libraries

VisualApplets Librariesの機能

VisualApplets Librariesセグメンテーション・分類ライブラリー

VisualApplets Librariesセグメンテーション・分類ライブラリー

ラベル付けした対象物をバウンディングボックスで囲み、セグメンテーションとラベル付けを行った後、位置、表面、形状、範囲に関する情報を取得するオペレーターです。ブロブ解析と呼ばれるこの手法は、1D、2Dのバイナリー画像に使用されます。

VisualApplets Libraries圧縮ライブラリー

FPGA上で画像データをリアルタイムに処理し、CPUに負荷をかけることなくコンピューターに転送・保存することができるJPEG圧縮オペレーターです。8ビットのモノクロ画像や24ビットのRGBカラー画像を任意のレートで圧縮し、データ量を削減することにより、高速インターフェース対応カメラによる連続撮影をサポートします。

VisualApplets Libraries圧縮ライブラリー

アプレットとフレームグラバーを確実に保護

アプレットとフレームグラバーにロックをかけて暗号化し、社外での使用を制限することにより、知的財産を保護するエクステンションライセンスです。

VisualApplets Protectionの特長

  • Visual Appletsで作成したアプリケーションとフレームグラバーの両方をロックして暗号化
  • 二重の保護機能により最高の安全性を保証

VisualApplets Protectionの詳細はこちら

アプレットとフレームグラバーを保護するVisualApplets Protection

VisualApplets Protection - 簡単操作でセキュリティを向上

二重の保護機能:

  • アプレットをロックして暗号化した後、専用のセキュリティIDを設定し、フレームグラバーの安全性を向上。
  • さらに、特定のフレームグラバーと紐づけることにより、アプレットを確実に保護。

画像処理システムの構築をトータルサポート

開発作業から独自製品の設計(カスタマイズ)に至るまで、さまざまなご要望を満たす総合コンサルティングサービスをご提供しています。

  • VisualAppletsワークショップ:初心者向け・上級者向けなど幅広いコースをご用意
  • 技術指導:実際の開発作業における疑問を解決
  • コンサルティング:プロジェクト全体をトータルでサポート
  • フィージビリティスタディ:詳細な報告書でプロジェクトを評価
  • 開発(カスタマイズ):ハードウェアやソフトウェアを個別に開発
  • デザインチェック:VisualAppletsで作成したデザインを検証

コンサルティングサービスの詳細はこちら

高速処理が可能なディープラーニングにも柔軟に対応

CNNをはじめとするニューラルネットワークによるディープラーニングを導入すれば、従来まで不可能であった複数の画像処理アプリケーションによる高速処理が可能になります。特に分類作業においては、既存のアルゴリズムによりスムーズに処理することができます。事前設定済みで柔軟な調整も可能なVisualAppletsのCNNオペレーターは、microEnable 5 deepVCL (ライセンス付きフレームグラバー)と組み合わせることにより、広い帯域幅によるリアルタイムな処理を実現できます。

営業チームに問い合わせる

その他のお問い合わせ

FPGA搭載の高速フレームグラバー

リアルタイム処理が可能な高性能フレームグラバー

さまざまなカメラインターフェースに対応し、画像の安定したキャプチャー・前処理、レイテンシーの軽減、処理速度の向上が可能なフレームグラバーをご提供。業界有数の豊富なラインナップの中から、各種画像処理に最適な製品をお選びいただけます。

フレームグラバー用トリガーボード

フレームグラバー用トリガーボード - あらゆる機器を簡単同期

高度な信号制御により画像取得時のレイテンシーを軽減するだけでなく、カメラ、照明、反射板、ロータリーエンコーダーなどの周辺機器とのリアルタイムな同期も可能なトリガーボードです。OPTOトリガー、TTLトリガーの2種類があり、フレームグラバーとトリガー機器、周辺機器を接続することができます。

フレームグラバー用ソフトウェア

フレームグラバー用ソフトウェア - フレームグラバーの機能を最大限に発揮

画像処理システムのセットアップ、テスト、運用のほか、カメラなどの構成機器の交換や機能の追加にも対応。柔軟性と操作性を兼ね備えたフレームグラバー用ソフトウェアとして、microDiagnostics、microDisplay、SDKをご用意しています。