お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

TTL Trigger - トリガーボード

標準TTLレベル対応トリガーボード

microEnableにご使用いただけるトリガー用拡張ボードです。入力8点、出力8点を有し、フレキシブルフラットケーブル(34ピン)でフレームグラバーと接続できます。

主な特長

  • フレームグラバーを介して周辺機器と接続可能
  • 1枚のボードで複数のフレームグラバーと同期(マルチボード対応のトリガーケーブルが必要)
  • 5V電源または12V電源によるカメラへの電源供給が可能(前面ポート×2)
  • VisualAppletsによる入出力の個別設定に対応

見積もりを依頼する
ウォッチリストに追加する
  • トリガーボード - TTL Trigger

ハードウェア

コネクター 2 x SUB-D15 (female) socket
入力/出力 8 in / 8 out mapped on two ports
フレームグラバーとの接続 34-pin flat cable
信号駆動回路とフレームグラバーの接続 open collector driver
トリガー設定 n/a

電気仕様

最大周波数 10 MHz
最小パルス幅 50 ns
最小入力電圧 -0,3 to 0,8 V
最大入力電圧 2 to 5,5 V
入力電圧差 n/a
入力電流 4 mA
最小出力電圧 0.4 V
最大出力電圧 2.9 V
最小出力電流 8 mA
最大出力電流 -4 mA
動作温度 -40 - 85°C

適合性

フレームグラバーサポート microEnable IV, microEnable 5 marathon, microEnable 5 ironman
提供アクセサリー 34-pin flat cable
value

マニュアル

アクセサリー製品のマニュアル類には、使用上の注意、フレームグラバー開発者向け情報などがあります。これらの文書では、BaslerがUSB 3.0 PCI Expressカードの動作を確認するために行っている試験などについてご紹介しています。

TTL Trigger に関する すべて マニュアル

対応カメラ