お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK

技術

「パルス式Time-of-Flight方式」を採用。8つの強力なLEDから成る内蔵光源には、近赤外線(850nm)を使用しているため、人間の目にはほとんど見えません。

技術
2D+3D

2D+3D

ステレオビジョンやレーザー三角測量といった他の3D技術とは異なり、Time-of-Flightカメラなら2D画像と3D画像を同時に撮影できます。

解像度

従来のVGA画質のTime-of-Flightカメラをさらに上回る高い画質を実現。大量の奥行きデータを取得できるため、ご使用の用途に最適な画像を撮影できます。

解像度
速度

速度

20fpsのフレームレートに対応。高速で動いている対象物を止めることなく撮影できます。

高い操作性・簡単セットアップ

内蔵光源を有する本体のみの構成で、その他の付属品はありません。キャリブレーションも工場ですべて完了しているため、セットアップにかかる労力を最小限に抑えられます。

豊富なサンプルコードのほか、高性能なAPIとTime-of-Flightビューワーが使用できるため、操作も非常に簡単です。

高い操作性・簡単セットアップ
市場への普及が進むTime-of-Flightカメラの可能性

市場への普及が進むTime-of-Flightカメラの可能性

さらなる成長が期待される3D市場と、なかでも特に大きな可能性を持っているTime-of-Flight技術。第三者機関の市場調査によると、今後3年間における年間成長率は約30%に達すると予想されています。