お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
ニュース・広報

ToFカメラ搭載ラベル貼付ロボット

膨大な数の貨物を取り扱うグローバル物流センターでは、最近の市場ニーズの多様化に伴い、配送ラベルを貼付する作業の効率化が求められています。配送先・配送元の情報(住所、会社ロゴなど)、受付番号、バーコードなどを記載した配送ラベルは、物流の初期段階において必要不可欠な存在です。

そこで、Baslerは産業用ラベル貼付機の大手メーカーであるVanomation社と協力し、倉庫や物流センターで大量の配送ラベルを印刷し、貨物に貼付することが可能なロボットを開発しました。

撮影の仕組み

Basler Time-of-Flight(ToF)カメラblazeと特別開発のカメラソフトウェアにより、ベルトコンベヤー上を高速で移動する貨物の位置・方向・サイズを検知し、関連するデータをロボットプリントアプリケーター(RPA)に転送。データを受け取ったロボットは、印刷された配送ラベルを貨物の所定の位置・方向に貼付します。静止しているパレットか、移動している貨物かにかかわらず、高い精度でラベルを貼付できることがその大きな特長です。

3Dカメラの製品ラインナップはこちら

Vanomation社製ロボットプリントアプリケーター(RPA)
Vanomation社製ロボットプリントアプリケーター(RPA)

3Dカメラにより速度と柔軟性を向上

今回開発されたロボットを導入すれば、ラベルの貼り間違いが減るだけでなく、既存のラベル貼付機のように貨物の方向を揃える必要もないため、ベルトコンベヤーの設置スペースや追加の設備コストの削減にもつながるなど、物流企業にとってさまざまなメリットがあります。

柔軟、高速かつ正確な物流システムを実現する3Dカメラ。そのさらなる活躍に今後も目が離せません。

3Dカメラのその他活用事例はこちら

Balser blaze

今回のソリューションの主な特長

  • 裏面照射型ToF方式を採用したソニー社製距離画像センサーDepthSense™(IMX556PLR)により、空間座標と物体の方向を素早く正確に測定
  • 一体型設計でコンパクトかつ取り付けも簡単なGigE対応カメラを搭載
  • 明るさやコントラストに左右されずに測定可能
  • 前処理済みの3Dポイントクラウドと2D輝度画像をリアルタイムに取得
  • Baslerが物体検知・測定用ソフトウェアの開発をサポート

Basler blazeの詳細はこちら

お問い合わせ

各種ソリューション・製品についてご不明点がございましたら、Basler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

営業チームに問い合わせる