お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/10/25

Basler顕微鏡用PowerPackの蛍光イメージングが進化

Basler顕微鏡用PowerPackの蛍光イメージングが進化

このほど、産業用カメラメーカーのBaslerは、要件の厳しい蛍光イメージングに対応するため、顕微鏡用PowerPackに改良を加えました。付属のカメラは刷新され、ソニー社製の最新CMOSセンサーを搭載した高性能顕微鏡カメラaceの2種類のモノクロモデルを選択できます。一方、Basler顕微鏡ソフトウェアには、ダークスキンモードと蛍光カラープリセットが追加されているほか、各種機能も強化されており、さらに便利に使えるようになっています。

Baslerでは、蛍光イメージングに最適なカメラとして、高感度と大きなピクセルサイズが特長の顕微鏡カメラace 2.3MPモノクロモデルと、高解像度、大きなピクセルサイズ、低ノイズの三拍子が揃った顕微鏡カメラace 5.1MPモノクロモデルの2種類を提供しています。蛍光観察では、サンプルの退色を防止するために照明の明るさを抑えることが重要になりますが、高い量子効率と感度を誇るこれらのカメラモデルなら、暗い環境でも撮影が可能です。また、最適なフレームレートを採用していることに加え、ダイナミックレンジも広いため、対象物と背景をはっきりと写し分けることができます。

Basler PowerPackに付属のBasler顕微鏡ソフトウェアについては、新たにバージョン2.0がリリースされました。わかりやすい操作画面からダークスキンモードに切り替えれば、サンプルに当てる照明の明るさを抑えられるだけでなく、暗い環境で観察を行う際の目の疲れやストレスも軽減できます。

同ソフトウェアには、蛍光イメージングをより便利にかつ短時間で行うための、一般的な蛍光マーカーを含むカラープリセットも新たに追加されました。このプリセットはワンクリックで素早く起動し、各種要件に合わせて色を調節することが可能です。画像の保存形式は、そのままのモノクロか、またはカラーを選択でき、撮影した画像を他の用途に転用できます。

新しいバージョン2.0には、このほかにも露光補正や双眼実体顕微鏡用のズーム機能が付いています。

Basler顕微鏡カメラに対応したBasler顕微鏡ソフトウェアは、Baslerのホームページ(www.baslerweb.com/MicroscopySoftware)にて無料でダウンロードいただけます。

ご注意:4c画像はほとんどのブラウザでは正しく表示されません。画像を右クリックして「名前を付けて保存...」を選択し、お使いのPCに保存してください。その後、適切なプログラムを使用することで表示することができます。