お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2016/11/04

イメージセンサーには、CCDとCMOSの2種類があります。世界最大手のCCDセンサーメーカーであるソニー社がCCDセンサー工場の閉鎖を発表して以来、多くのユーザーがCMOSセンサーへ移行しています。当社のVision Campusの最新ビデオ「CMOSイメージセンサーが選ばれる理由」では、専門家のThies Moellerより、様々な分野におけるCMOSイメージセンサーのメリットを示した実用例についてご紹介しています。是非ご覧ください。

CMOSセンサーの基礎知識については、当社のVision Campusの記事「産業用カメラの未来を切り拓くCMOSセンサー」においてご説明しています。また、CCDセンサーからCMOSセンサーの移行に関するより詳しい内容については、当社の無料ホワイトペーパー「最新CMOSカメラをCCDカメラの代替に」か、当社ホームページのCCDカメラからCMOSカメラへの移行に関するページでご覧いただけます。

Vision Campusでは、USB 3.0インターフェース特有のメリット、カメラ小型化のトレンド、お使いのカメラに合ったレンズの選び方など、マシンビジョンや一般的なビジョン技術に関して詳しく解説した記事やビデオをご提供しています。この機会に是非ご覧ください。