お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/09/05

エンベデッドビジョンにおけるさまざまなプロセッシングプラットフォーム

エンベデッドビジョンにおけるさまざまなプロセッシングプラットフォーム

プロセッシングボードと小型化されたカメラモジュールを組み合わせた機器は「エンベデッドビジョン」と呼ばれており、医療診断機器から産業オートメーションに至るまで、幅広い用途で活躍しています。

エンベデッドビジョンに使用されるプロセッサーには、従来のコンピューターの場合とは異なり、多くの種類があります。当社のVision Campusの記事では、現在エンベッドビジョンの世界で注目されているSystem on Module、System on Chip、シングルボードコンピューター、フルカスタム設計など、さまざまな構造を有するプロセッシングプラットフォームとその形式についてご紹介しています。

Vision Campusでは、このほかにも最適なカメラの選び方、対応するレンズの見つけ方、ビジョンシステムの構造など、画像処理に関するさまざまなトピックを取り扱ったビデオや記事をご覧いただけます。

エンベッドビジョンについてご不明点がございましたら、当社までお気軽にお問い合わせください

Vision Campusの記事を今すぐ読む