お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2018/06/11

ToFソフトウェアに新バージョンが登場

ToFソフトウェアに新バージョンが登場

ToFソフトウェアの最新バージョン(バージョン1.4.0)が公開され、ダウンロード いただけるようになりました。今回のリリースでは、Basler pylonとの互換性の向上、ToFビューワー使用中のCPU負荷の軽減、GenICam GenTL 1.5への準拠などの細かい改善に加え、以下の新機能が追加されています。

ToFビューワーの新たな保存機能

撮影時に散布図、距離画像、強度画像、信頼性マップを生成し、ファイルとして保存できるようになりました。また、カメラの設定を記録しておくこともできます。

ToFカメラとRGBカメラ(2Dカメラ)による同時撮影

RGB画像と距離画像を同時に撮影し、カラーの距離画像のサンプルを作成できるようになりました。Basler ToFカメラと標準的なGigE対応カメラを組み合わせて使用する方法は、ColorAndToFのサンプルコードに掲載されています。

.Net-Wrapperによるソフトウェアトリガー、同期型フリーラン撮影などのカメラ機能の呼び出し

PTP(IEEE1588)、ソフトウェア、同期型フリーラン撮影などの全カメラ機能を.Net-Wrapperで呼び出せるようになりました。

同期型フリーラン撮影では、干渉を起こすことなく、複数のToFカメラを同時に使用することができます。撮影の際にはPTPを使用してカメラを同期させます。C#によるカメラのセットアップ方法は、SyncFreeRunのサンプルコードに掲載されています。

距離画像と散布図の相互変換

距離画像を散布図に変換する方法はPointCloudFromDepthImageのサンプルコード、散布図を距離画像に変換する方法についてはConvertPointCloud2DepthMapのサンプルコードに掲載されています。

複数のカメラで撮影を行う際のネットワーク設定

複数のカメラを同時にトリガーする場合、パケット間遅延とフレーム転送遅延を設定することにより、ネットワークのパケットロスを抑制することができます。

カメラのキャリブレーション、レンズの歪み補正に関する設定

歪み補正を含め、カメラ自体の詳細な設定が可能になりました。

新機能の詳細については、pylonリリースノートをご覧ください。

Basler ToFソフトウェアの最新バージョンのダウンロードはこちら

ご不明点がある場合や詳細をご希望の場合は、Baslerサポートチーム までお気軽にお問い合わせください。