お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/02/20

三次元でモノを捉えることができるロボット:3Dによる産業用マシンビジョンの進化

三次元でモノを捉えることができるロボット:3Dによる産業用マシンビジョンの進化

物品や部品を迅速、正確かつ簡単につかんで置く。つい最近まで、単純そうに見えるこの作業をロボットに行わせるためには、長期にわたる複雑なセットアップやトレーニングが必要でした。空間認識能力を持ち、人間とほぼ同じように協力して作業ができるロボットは、現実のものではなく、どちらかと言うとSFの世界に登場するものだと考えられていました。しかし、3Dイメージングの工程に大きな変化が起こっている今、マシンビジョン業界において3D技術が今までもよりも大きな役割を果たすようになっています。

Vision Campusの新しい記事「空間認識能力を持つロボット:3Dイメージングによる産業用マシンビジョンの進化」では、現在使用可能なさまざまな3D技術をご紹介しているほか、その主な用途やお使いの用途に適したソリューションを見つけるためのポイントについてもご説明しています。

このほか、Vision Campusでは、マシンビジョンや一般的なビジョン技術に関して詳しく解説した記事やビデオをご提供しています。当社のビデオ「エンベデッドビジョンシステムとは?」や記事「医療現場で活用されるビジョン技術」をまだご覧になっていない場合は、この機会に是非ご覧ください。