お使いのブラウザが古くなっていますので、このウェブサイトのすべての機能が表示されない可能性があります。 お使いのブラウザの更新する方法をご覧ください。

OK
2017/04/21

ニューラルネットワーク:産業用画像処理の未来の姿?

ニューラルネットワーク:産業用画像処理の未来の姿?

当社の新しいホワイトペーパー「ニューラルネットワークはマシンビジョンの未来を切り拓く技術となるのか?」では、筆者のPeter BehringerとDr. Florian Hoppeがニューラルネットワークの仕組みやその活用方法、そして効果的に機能させるために必要な作業として総合学習について解説しています。画像データの収集、ネットワークの設計から学習アルゴリズムの実行、最終的な評価・動作確認に至るまで、ニューラルネットワークの開発には実にさまざまな工程があります。

ホワイトペーパーの中では、FPGAを利用したエンベデッドビジョンシステム用PowerPackの構造がディープラーニングアルゴリズムの実行に最適である理由をご説明しているほか、LVDS対応インターフェースBCONをニューラルネットワークと組み合わせて使用した場合のメリットにも焦点を当てています。

BCONやBCON搭載カメラの詳細については、当社のエンベデッドビジョンシステム用製品のラインナップからご覧いただけます。ご不明点がございましたら、お近くのBasler営業チームまでお気軽にお問い合わせください。

このホワイトペーパーは、Twenty Billion Neurons GmbHの協力を得て作成されました。ニューラルネットワークの開発やディープラーニング技術の利用を専門とするTwentyBN社は、パートナーソフトウェア企業としてBaslerパートナーネットワークにも参加しています。